Citycouncil
 市議会報告 審議内容 

2019~2021年度

2021年度 8月通常会議

8月通常会議議案審議について

 9月29日に開催されました本会議において、8月通常会議に提出された議案(議案第105号から議案第108号まで、及び議案第122号から議案第128号まで)の採決が執り行われ、当会派は、全議案に賛成の立場を取り、議案すべて可決されました。

2021年度 6月通常会議

コロナ対策集中審議 6月通常会議より

 6月4日~7月2日まで、29日間の通常会議では、合計3件の一般会計補正予算を審議しました(表参照)。主なものとしては、新型コロナウイルス感染症対策への措置として、本市独自の新生児等特別定額給付金、マイナンバーカード交付窓口の移転拡張等の関連経費に加え、生活困窮者自立支援金の給付についてなどです。会派としては、その他の市立北部子ども療育センターに相談支援事業所を設置する議案を含めて、26議案全てに賛成しました。

中消防署移転新築について

 今期、補正予算の会派説明で、中消防署移転新築の設計業務委託の発注部局と入札担当部局の連絡ミスにより補正予算に至りました。会派から、決裁を含めた契約手続き等、市全体として再発防止に取り組むよう強く求めました。

 また、老朽化が進む中消防署は、びわこ競艇場駐車場へ令和3年度基本設計他〜令和7年度竣工を目指し、大規模災害、環境、防災力向上、他署にない訓練設備など将来を見据えた施設整備を進めています。市民の安全、安心を守り、地域に愛される施設となるよう会派として提案してまいります。

予算

2020年度 2月通常会議

2021年度予算について、審議の上賛成いたしました

 総額1,229億円余りの新年度予算は、小中学校施設の長寿命化改修およびトイレ改修費用や、中消防署施設整備にむけての用地費などを含み、またかつてより会派から強くもとめていた予防保全型の道路舗装修繕に予算がついたことや、子ども子育て支援を充実させることを我が会派では代表質問で扱いました。その他、各議員が常任委員会や予算決算常任委員会分科会において、盛んな議論行いました。

 また、コロナウイルス対策については、対策費を2020年度の補正予算として2月議会の初日(2/22)に執行部から提案、即日採決されました。ワクチン接種推進やその他感染症対策支援費など重要な費用を含む予算です。コロナウイルス対策に対しては、わが会派として繰り返し市の部局への要望をしておりますが、今後ともコロナ禍の収束めざして努力してまいります。

予算

2020年度 9月通常会議 2020.9.1〜10.13

補正予算・一般議案・決算

 一般会計補正予算案(下の表参考)などを含め、合計42議案議案を採決いたしました。一般質問にて、小中学校の修学旅行が万一キャンセルになったときの支払いについて草川議員が質問し、市がキャンセル費を負担する追加補正予算を編成する運びとなりました。その他、国の臨時交付金を活用しながら、コロナ禍に苦しむ事業者の助けになる補助などについて、活発に質疑をおこないました。

 また、教育大綱という、長い期間をかけパブコメや議員からの提案等で練り直しを行ってきた計画が議案として提出されました。学校教育の方針を定める重要な計画でありますが、総務常任委員会で最終的に前回一致で了とされ、本会議も通過いたしました。

 また、会期の後半でおこなわれた決算認定議案については、健全財政の堅持はもちろん、公共施設の老朽化がさらにすすんでいる課題(相次ぐ空調機器の故障など)について、改修対応を予防的な保全を含め全力でとりくむことを討論で申し添え、賛成いたしました。

2020年度 7月特別会議 2020.7.16

 7月16日に、補正予算議案などの審議を1日間で行いました。感染防止、市民生活・子育て、経済活動の回復と「新しい生活様式」への対策・支援を柱とした一般会計補正予算審議が執行部から提出され議論ののち、賛成いたしました。

 会派の田中議員が①「新しい生活様式」に沿った結婚披露宴の開催応援金について数ある提案の中から本案を選択した理由についておよび、②公共施設トイレ手洗い場改修事業について、工事をどこの施設から着工していくかということについての、質疑を行いました。詳しくはコチラからご覧ください

2020年度 6月通常会議

 一般質問で会派から3人が登壇し、学校給食再開が遅れたこと、事業者支援のための景気活性策、アフターコロナ対策などを質問しました。また、補正予算議案にて新型コロナ対策の経費追加を中心に、総額40億3000万円余りの増額を可決しました。市民ネット21が5月招集会議で強く求めた、オンライン学習の機会提供にあわせたインターネット環境未整備の家庭にむけ、1万円上限での通信環境整備補助について、無事措置されました。

 その他、清水純氏の副市長への選任議案についてや、今回のコロナ渦の中重要な役割をはたした支所の職員体制拡充について、また公設地方卸売市場議場の公募提案を行っていた提案者である事業者との、優先交渉権者の地位喪失について報告があり、今後民設民営化の課題整理の必要性について、議論を行いました。

6月通常会議補正予算

2019年度 2月通常会議

予算案を審議しました

大津市の新年度骨格予算 提案

(主な変更点)

それぞれの議員により各分科会にて審査を行いました!新年度の一般会計予算総額は1,130億9,000万ですが、次の6月補正予算で肉付けがされる予定です

●英語教育予算は一部カット(GTEC事業の廃止・ALT配置を削減)

●特別養護老人ホームの3施設にかかる整備補助

●経年劣化していた高規格救急自動車の更新

●市民部所管のいじめ対策事業を教育委員会へ統合

●民間保育園の建設費の補助を大幅削減

Links
リンク

ページのトップへ戻る